ボディメイク

大切な事=【正しいトレーニング+正しい食事管理】

ヒップラインを作るエクササイズ

適切なトレーニング強度は?

正しいトレーニングとは

カラダを綺麗に作っていく為に必要なトレーニング強度をご存知ですか?

問題です

ダンベルが3種類あります。※右下の写真

一つ目は3回上げるのが限界のダンベル。

二つ目は6回~10回上げるのが限界のダンベル。

三つ目は20回~30回上げるのが限界のダンベル

この3種類のダンベルのトレーニング効果は全て異なります。あなたはボディメイクをしていくうえでこの中のダンベルから適切なトレーニング強度のダンベルを選ぶことができますか?

もしも今あなたがトレーニング強度を意識しないでトレーニングをしていたら要注意です。トレーニング効果の実感できないトレーニングを続けることはあなたの体力だけを奪っていきます。

答え                      トレーニング強度の答えはパーソナルトレーナーがいつでも丁寧に教えてくれます。

答えは1つとは限りません。その人の目的・体型によって強度の使い分けが発生していきます。目的の内容によっては強度を変えていかなければ目的達成に繋がらないので強度の使い分けは覚えていきましょう。

大豆を主成分としたソイプロテイン
筋力を落とさずシェイプアップしたい方にオススメになっています。

正しい食事管理

せっかくトレーニングをしたのに食事管理が出来ていないとトレーニンング効果は半減してしまいます。

人間のカラダは(筋肉や骨、血液、内臓)はタンパク質によって構成されています。もちろん女性が気になるコラーゲンもタンパク質の一つです。

運動をしていない人でもタンパク質は(体重1㎏あたり1g)必要になります。トレーニングをしている人は(体重1㎏あたり1.2~1.5g)ものタンパク質が必要となります。

(1㎏あたり1.5gの場合)体重50キロの女性、トレーニングをしている場合には75gものタンパク質が必要になります。

75gのタンパク質を食事で摂ろうとしたら・・・

鳥ささみ(350g/中サイズ4本)

卵(約580g/12個)

木綿豆腐(1100g/4丁)

これだけのタンパク質を毎日摂取することはとても大変です、食事で補えないタンパク質はプロテインで補いましょう。

UPS&DOWNS江戸川台店は                           

あなたにぴったりのプロテインをオススメします。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

アドバイス≫睡眠時は副交感神経が働いているため交感神経が優位になるトレーニング(運動)を睡眠前に行うことはNG。からだと脳がアンバランスになり睡眠の質が下がります。
 

正しい健康管理

ボディメイクを行うために、トレーニング・食事に加えて休養が必須項目になってきます。

トレーニング中、トレーニング後、睡眠などと体を休ませる時間は以外と多くあります。

休養することが出来る時間を疎かにしてしまう事により、体に疲れやストレスを溜めてしまい、代謝が下がってしまって脂肪増加につながったり、そのような疲れが原因でダイエットやボディメイクが辛くなってしまったりするケースが多々あります。

肉体的にも精神的にも保っていかなければダイエットやボディメイクは成功しません。

休養は次のトレーニング・食事に繋げるための強い柱です。大事にしないとからだも心も総崩れになってしまいます。UPS&DOWNSでは、睡眠の質向上やトレーニング中後のからだのケア方法なども指導していきます。

自身の健康を管理していく大事さを知ってもらい、気持ちよくトレーニングすること気持ちよくボディメイクしていけることを知って頂けたら嬉しいです。

 

 

お電話でのお問合せ、ご予約はこちら

070-5467-4985

※ご予約の際に予約希望日時と利用目的をお伝え下さい。

UPS&DOWNS江戸川台店

完全予約制パーソナルトレーニングジム

千葉県流山市江戸川台東2-14小泉ビル1F

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

営業・受付時間

【平日】

午前    9:00~12:30

午後  15:00~20:30

【土曜日】

午前     9:00~12:30

午後   15:00~19:00

【日・祝日】

9:00~16:00(昼休憩なし)

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&